top of page
CGA-LOGO-TATE-1C.png

“SDGsに取り組むからこそ、

持続可能なアクションを。”

プロスポーツクラブだからこそ地域にできること。

 

クラブや選手はもちろんのこと、

 

クラブを支えてくれる企業やファンと一緒に

 

継続可能な取組みを続けてまいります。

 

環境にGOODなアクションを。

 

プロスポーツクラブならでは取組みを、

 

クラブを取り巻く皆さんとともに。 

CGA-LP-TITLE-1.png

福島県は東日本大震災を契機にごみ排出量が増加。

 

その後も高止まりが続き、現在もごみ排出量は

 

全国でも上位に位置しています。

 

「この問題について福島県で活動する

 

クラブとしてできることはないか。」

 

そんな思いをもった選手からの声かけで

 

この取組みはスタートしました。

CGA-LP-TITLE-2.png

廃棄される可能性のある

 

クラブオフィシャルグッズを回収し、

 

軍手にリサイクル。クラブの活動の中で

 

生まれるごみ排出に、

 

パートナー企業やブースターの

 

皆さんと取り組みました。

 

生まれ変わった(マテリアルリサイクル)軍手は

 

次のアクションへ繋げることで、

 

ごみ削減への意識や行動変化に

 

取り組む1stステップのアクションと位置付け、

 

取り組みをスタートしました。

 

CGA-LP-NAIYOU-1.png

不要になったオフィシャルグッズの回収を

 

2024年2月のHOME GAMEから受付開始。

 

初日はプロジェクト発起人の田渡選手らも参加し、

 

多くのブースターさんが協力してくれました。

 

それ以降のHOMEGAME会場や

 

クラブオフィシャルショップでも受付し、

多くの不要になったグッズを回収しました。

 

CGA-LP-TITLE-2-2.png
2023-24-CTGA-WORKSHOP-PR.jpg

第一弾で生まれ変わった軍手を使って

 

パートナー企業やブースターさんとの

 

ごみ拾いイベントを実施。

またイベントは2部構成とし、

 

1部のごみ拾いの後は2部でワークショップを実施。

 

拾ってきたごみの分別や福島県のごみ排出量問題、

ごみ削減でひとりひとりができることに関して、

福島大学の沼田教授にご参加いただき

 

選手とのトークセッションを実施しました。

 

CGA-LP-TITLE-2-3.png

第三弾は本プロジェクトの

 

起案者でもある田渡選手が

 

デザイン監修したマイボトルを開発し、販売。

 

HOMEGAME会場や日常でご使用いただき、

ひとりひとりの生活の中でできる

 

ごみ削減に取り組みます。

また本プロジェクトの売上の一部で福島県内の

子どもたちに福島ファイヤーボンズの

HOMEGAMEを無料招待。

ごみ削減で生まれたアクションを通じて、

県内の子どもたちに

 

スポーツエンターテインメントを体験する

 

機会を創出します。

COMING SOON

CGA-LP-MESSAGE-1.png
CGA-LP-TITLE-MESSAGE.png

福島ファイヤーボンズ

#78 田渡 凌

CHANGE THE GOODs ACTION は皆で取り組むことに意味があります。福島ファイヤーボンズが本当の意味で地域の中心となり、バスケ界の環境問題に対する意識改革のキッカケとなれるようにチーム一丸で頑張っていきましょう!!

bottom of page